債務整理・相談.com

MENU

債務整理・相談.com

金融機関からの借り入れが膨大となり、返済することが不可能だと判断した場合は、債務整理を行うのが一般です。
一口に債務整理といっても、主に3つの手法があるのです。
まずは、任意整理です。
これは、裁判所を通さずに、弁護士か司法書士が依頼者の代理人として、各債権者と返済額や期間について交渉し、和解を得るものです。
読んで字のごとしで、任意に整理するという意味合いです。
たとえば、会社からの借り入れは今まで返済を続けていって、消費者金融のA社とクレジット会社のB社は債務整理を行うなどといった選択が可能なのです。
また、一定期間に特定の職業に就くことが禁止されるという制限もありません。
次に、個人再生があります。
個人再生は、地方裁判所に再生手続きの開始を申し立てて、債務を整理していくものです。
よくあるのがマイホームにそのまま住み続けたいという人が選ぶ手続です。
住宅ローンはそのまま継続して支払い、ほかの借金を大幅に減らすことが可能です。
3番目に、自己破産があります。
これは、地方裁判所に申し立てをして、借金を全額免除してもらうものです。
生活をする上で最低限必要な財産以外は、すべてゼロになってしまいます。
ただし、借金の原因が浪費やギャンブルの場合は、免責決定が下りない場合もあります。
このように、その人の置かれた状況によって、選択肢は変わってきます。

債務整理をするときは、必ず弁護士か司法書士に相談して、自分にプラスになる債務整理の方法を選ぶべきです。
また、弁護士や司法書士の事務所では、無料で相談に応じるところも少なくありません。
事前相談によって、最も自分に合った債務整理法を助言してもらうのが賢明です。

 

債務整理に関する相談をするのであれば、弁護士や司法書士といった法律に関するエキスパートが適任です。いくつかの債務整理に関する方法に熟知しており、相談者の状況ではどの手続きが最も良いかということをきちんと説明してもらえますので、安心して手続きを行うことができます。
債務整理と一口に言ってもその内容はさまざまで、借金を全額、又は一部免除するようなものもあれば、利息を引きなおして過払い金を請求したり、減額してから返済をするといったものもあります。また、これらの手続きを専門家に依頼したときの費用も難易度に応じて異なってきますので、事前に詳しく聞いておいたほうが良いでしょう。
債務整理の相談は需要が多いこともあり、法律事務所や司法書士事務所でも常時受け付けています。基本的には有料ですが、事務所によっては無料で話を聞いてもらえるところもありますし、法テラスの制度を利用することもできます。また、無料の相談会が不定期に全国各地で開催されており、会場で話を聞いてもらうだけでなく、電話でアドバイスを受けることなども可能となっています。専門家に相談したからといって、必ずそこで手続きを依頼しなければならないというわけではありませんので、方針を検討するために早めにアドバイスをもらっておくとよいでしょう。なお、話を聞いてもらうときには、借り入れ金額や借入先、契約の時期などは大体必要な情報となっていますので、調べておきましょう。

更新履歴