債務整理が出来る条件とは?

債務整理が出来る条件とは?

MENU

債務整理が出来る条件とは?

借金の法的整理である債務整理には、条件があります。その条件をクリアしなければ最終的な免責は受けられません。
この条件は、そもそも裁判所へと申し立てをする上で、条件が付されているような自己破産のケースもあれば、借金の減額後の返済を伴うものも存在する等、その条件がいろいろ分かれています。したがって、この借金の法的整理をすると決めた時に弁護士や司法書士といった専門家への相談時に、しっかりと状況を伝達しなければなりません。正しい情報から取りうる正しいやり方での手続きを専門家が模索してくれますので、そのことを十分に把握しておく必要があります。
この債務整理では、借金の理由は問われない代わりに毎月一定金額を返済が出来るという条件がある場合が存在します。つまり、給料所得者の債務整理申立てか、あるいは個人事業主等で一定の収入があると認められる場合の申し立てといった方法です。いずれの場合でも、借金の総額を5分の1まで減額の上で、それを3年間にわたって返済をしていくということになっています。このルールが守られるかどうかが、裁判所が認可するかどうかの分かれ目になるということです。
自己破産の場合は借金の理由が問われるのに対して、この民事再生の場合ではその借金の理由は問われませんが、むしろ返済が一定額、しかも今後も3年間という長期にわたって可能かどうかが問われるということで、確認をされるという点において明確に異なるということです。